ミルククレンジングをおすすめする3つの理由!

肌への負担が少ない

ミルククレンジングは様々なクレンジングの中でも最も合成界面活性剤の配合量が少ないという特徴があります。合成界面活性剤は肌に必要な皮脂を奪ってしまったり、肌のバリア機能を弱めてしまう可能性がある成分です。
なので、合成界面活性剤の配合量が多いと肌に負担を掛けてしまうことになります。合成界面活性剤は水分と油分を馴染ませるために配合されるのですが、ミルククレンジングは水分の馴染みがよいので、合成界面活性剤があまり配合されていなくてもしっかりと洗い流すことができます。

美容成分を配合しやすい!

そもそもオイルクレンジングはオイルなので美容成分を配合するのは難しく、あまりスキンケア効果を期待することはできません。でも、ミルククレンジングは個体状になっているので、美容成分を凝縮させやすく、たっぷりと配合させることができます
つまり、クレンジングとしての機能だけでなく、美容クリームの効果を期待できるものが圧倒的に多いです。なので、メイクを落としながら、しっかりとスキンケアができるので、洗い上がりの状態が全く違います。とてもしっとり感があるんです。

本当はメイク落ちは悪くない!

ミルククレンジングは肌に優しいけれど、メイクの落ちが悪いからオイルクレンジングが手放せないという方もいらっしゃいます。でも、実はオイルクレンジング並みにメイクがきれいに落ちるミルククレンジングも存在します。
メイクを溶かして落とすのではなく、浮かして落とすのがミルククレンジングですが、メイクを浮かせる技術は日々進化しているので、肌に軽く馴染ませるだけで、濃いメイクでもしっかりと浮かせることができるようになってきています。